ページトップへ

ブログ

残暑お見舞い申し上げます。

暦の上では立秋を過ぎましたのに、まだまだ厳しい暑さが続いていますね。

皆様、お変わりございませんでしょうか?

ムシムシ暑い日本の夏、多くの人が体調を崩しがちです。

これがいわゆる“夏バテ”ですが、この代表的な原因は、多量の発汗による脱水症状と、それに伴うミネラル不足です。

また、食欲不振による栄養障害や睡眠不足も夏バテの原因の一つです。

広島地方の気候は、高温多湿で“夕凪”という特異な現象もあります。

そんな中の睡眠不足は、疲労を蓄積させ、免疫力も低下させます。

そこで、熱帯夜に負けない快眠のポイントは、まず、室温の調節です。

予め、就寝前にエアコンをかけ、室温と湿度をしっかりと下げ、寝具も冷やしておくと気持ち良く眠りにつくことが出来ます。

寝具も吸湿性や発散性の高い麻や接触冷感の敷きパットや枕カバーなどがお勧めです。

そして、夏こそシャワーではなく、湯船につかり、半身浴で疲労回復と体のリズムを整えましょう。

また、夏野菜は体を冷やす効果がありますから、夏バテ予防には効果的!

ビタミン不足に気を付けバランス良く栄養を補給しましょう。

夏バテを吹き飛ばし、残暑を元気に乗り切りましょう!