ページトップへ

ブログ

街もしっとりと落ち着き、紅葉の美しい季節になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

1 1月といえば、18日(土)から始まる“えびす講”は、広島三大まつりの一つで、商売繁盛と開運招福を願い、毎年盛大に行なわれます。

また、子供の成長を祝い、近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りする“七五三”も季節の風物詩ですね。

この七五三は、親にとっても、一大イベントです。

着物を選び、写真館を予約し、ヘアメイクを施した我が子の晴れ姿のために、翻弄するものです。

子供たちも、晴れ着や羽織袴姿でおめかしして、すまし顔で写真に納まります。

また、七五三といえば、千歳飴。

この千歳飴も、子供たちの末永い健康と、成長を祝う気持ちが込められているのです。

飴の形も細長く延びているところから、ここにも“命が延びる”としておめでたい意味があるようです。

これからの季節、神社では週末になるとおめかしした子供たちが多く見られます。

少子高齢化社会の今、子供は宝物なので、温かい目で見守っていきたいものです。

子供たちが健やかに育ちますように・・・。

いつの時代にも、子供の成長を願う心は変わらないものですね。