ページトップへ

ブログ

最近は、〝ラン活〞という言葉が話題になるくらい、ランドセル購入商戦が過熱しているそうです。

我が家もそうですが、ランドセルを購入するために、祖父母も含め3世代が集うケースも増えているようで、ランドセル選びが子どもの成長を喜ぶ一大行事となっています。

また、以前は年末年始が購入のピークでしたが、最近では夏までにピークを迎え、「人気商品はすぐに売り切れる!」などのクチコミにより早期化に拍車がかかっています。

最近では、ネットでの先行発売で完売するランドセルもあるそうです。

その上、ランドセルといえば、昔は黒と赤でしたが、現在、女の子はピンク、茶、キャメル、水色、パープルなど人気色の幅が広がって、型押しや刺繍、ラインストーンなどの加工が人気で、男の子は、黒や紺の主流色に、赤や青を取り入れたコンビカラーも人気なのだそうです。

先日、ランドセルの下見に行きましたが、とにかく選択肢が多様化しているので、迷ってしまいます。

シンプルなランドセルを薦める母と、ピンクやパープルにラインストーンのキラキラ刺しゅう入りが希望の娘とでバトル勃発。

6年間使うものですから、まずは孫が気に入った物を、そしてお互いに納得して選んで欲しいものです。