ページトップへ

家づくりを考えはじめたら

Q.マイホーム取得のメリットはなんですか?
A.

マイホーム取得で得られる最大のメリットは、家賃と違い、支払いが有限であり、不動産として価値が残ることです。

また、注文住宅の場合は、ご家族様の想いやこだわりを反映することができ、ライフスタイルに合った間取りを選択することができます。そして、賃貸と違い、自由にリフォームできるのも魅力のひとつです。 

また、住宅ローンを組まれてマイホームを新築すると、ほとんどの場合は、団体信用生命保険に加入するので、生命保険の役割も兼ねています。万一の場合には、住宅ローンの残債務は加入した生命保険によって返済されるので、残されたご家族は、住宅ローンや家賃に追われることもなくなります。

どんな家に住むかを考えた場合、様々な選択肢があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を理解し、ご家族様に合った住まいをお選びください。

 

 Q.住宅を購入するなら早い方が良いの?
A.

しっかりと目的があって購入することを考えてはいるものの、その時期を決めかねている場合なら、早い方がいいと言えます。これは、「土地等を早く決める」ということではなく、「マイホームを購入するために動き出す」という意味です。

仮に家を購入する年齢が30歳だとして、住宅ローンを35年組まれた場合、完済年齢は65歳になります。一般的には60歳で定年になり、再雇用等で所得が下がる傾向があります。また、年金が受けられる時期は月日の経過と共に遅くなっておりますので、あまりあてに出来ないと思われます。この様な状況を考慮しますと出来れば安定的に所得が得られる可能性が高い60歳までに完済できるようにされた方が、老後の生活を考える上でも安心できると思います。

また、ファイナンシャルプランナーによるライフプランもお勧めです。ご興味がございましたら、お問い合わせ下さい。

 

 Q.家づくりを考えたとき、はじめにすることはなんですか?
A.

まずは情報収集です。様々な選択の中から具体的な依頼先を選んでいきます。

HPや住宅情報雑誌などで情報を集めるのもよいですが、やはり見学会などに参加して実際に家を見て頂くことをおすすめします。様々な家を見たり、話を聞くことで、お客様がこれから作る家のイメージや要望を明確にして頂きます。

西本ハウスでも定期的に見学会を行っております。実際のお客様の思いが詰まった家なので、とても参考になると思います。ぜひご参加下さい。

 

 Q.家を建てたいのですが、どこへ依頼をすればいいですか?
A.

依頼先は大きく分けて、ハウスメーカー、地域工務店、設計事務所の3種類があります。

ハウスメーカーは、土地探しからアフターサービスまで、サービス体制が整っているというメリットがありますが、設備や仕上げが自由に選べないなど、自由度が低い可能性があります。地域工務店は、地域に根づいているため、対応が早く良心的なサービスが望めるというメリットがありますが、小さな会社も多いため、信頼できる会社であるか、過去の物件を見るなどし、見極める必要があります。設計事務所は、プランの自由度が高く、こだわりや思いを反映しやすい反面、設計監理料がかかるので、他と比べるとコストがかります。

このように、依頼先によって様々なメリット、デメリットがあり、その中からお客様にあった依頼先を選ん頂くようになります。