スタッフブログ

2月は如月(きさらぎ)・梅月(うめづき)・雪消月(ゆききえづき)などと呼ばれます。

明日は節分、そして4日は立春と、暦の上ではもう春ですね。

まだまだ冬の寒さが厳しい頃に立春は訪れます。

「立春なのに寒い」と言う方もいらっしゃるようですが、立春は、季節が春になる最初の日を指すので、寒くて当たり前なのです。

季節はゆっくりと移り変わっていきますので、立春を過ぎれば少しずつ暖かくなっていくといわれています。 

立春には春という字が含まれますから、 一見すると寒かった冬は終わり花が咲き、気温の穏やかな日々をイメージしてしまいがちですが、天気予報では、なんと4日からまた雪マークが付いています。

インフルエンザも流行っていますので、どうぞお気を付け下さいね。

また、立春は節分の翌日と覚えている方も多いと思いますが、実は節分は必ずしも2月3日とは決まっていません。

節分が2月3日とされるのは2024年までとされ、2025年では2月2日になるそうです。

ご存知でしたか?

節分とは現在では豆まきをして鬼を払い福を呼ぶ行事そのものを指しますが、元々は季節の区切りとされ、季節を分けるという意味で「節分」と呼んでいました。

すなわち節分とは、春を迎え新しい一年の始まりの前に邪気を払うための行事であり、立春とは季節が冬から春になったその日を指すのです。

現代では、節分がメイン行事となりつつありますが、立春こそ華やかなお祝いするべき日なのかもしれませんね。

是非、節分の翌日の立春にも心を寄せて過ごしてみてはいかがでしょうか。

記事一覧

1ページ (全249ページ中)

ページトップへ