スタッフブログ

新築住宅にかかる費用について

東 研一 自己紹介へ
2019/06/03(月) 営業部東 研一

新築戸建てを建てる時に、どんな費用が必要なのか事前に把握しておくと準備も進めやすいと思いませんか?

実際に住宅を購入した方へアンケートを取ると家づくりのきっかけに「予算と支払い」を気にする声が多かったようです。

「お金」に関して「予算」の抑えるべきポイントをお伝えしたします!ぜひ安心安全な家づくりのお役にたててください。

①すぐに支払うお金・・・申込証拠金(5万円前後)、手付金、印紙税、仲介手数料

②引渡しまでに支払うお金/住宅の一般的な金額・・・売買代金から手付金を引いた残金、印紙税、登記費用、ローン借入費用、税金などの清算金、仲介手数料の半金、水道負担金(自治体によって異なる)

③引渡し後に支払うお金・・・入居費用(引越し代や家具購入代)、不動産取得税(建物や土地を取得すると発生する税金)

いかがでしょうか。住宅を購入する際には物件価格に加えていろいろな費用が発生しますね・・・

こうした費用を事前に把握したうえで住宅予算を立てれば無理なく安心して新居での生活がスタートできます♪

ぜひ一緒に安心できる家づくりの準備をしていきましょう!

まずは無料相談会にお申込みください。新築にかかる費用について詳しくお話させていただきます!

記事一覧

1ページ (全252ページ中)

ページトップへ