スタッフブログ

歌舞伎

森本 可祝 自己紹介へ
2019/01/22(火) 総務部森本 可祝

 先日、銀座歌舞伎座の「新春大歌舞伎」を観に行きました。

歌舞伎座の建替え前に一度観劇したことはありましたが、新しく生まれ変わった歌舞伎座は、食事処や売店なども備えとても華やかでした。

また、お席も桟敷席を用意していただいたので、舞台もたいへん見やすく、役者さんとの距離も近くて、歌舞伎を堪能することができました。

一階桟敷席は、2席一組になっているボックス席で、入り口には専用の扉がそれぞれついています。

座席は畳で掘りごたつになっているのでゆったり観劇することが出来、また、幕間に食べる幕の内弁当もお席まで届けてくれます。

テーブルでゆったりお食事できるのも桟敷席ならではです。

舞台や花道に近い一階桟敷席で、幕の内弁当をいただく・・・非日常的で、とても優雅な気分に浸ることができました。

また、歌舞伎に関しては、ほぼ素人の私ですが、イヤホンガイドのおかげで、あらすじやドラマの背景なども良く理解でき、演目もお正月らしい華やかなもので、途中に入る「中村屋」などの屋号の掛け声も歌舞伎を盛り上げていました。

舞台装置や三味線、語りや唄などの音楽に俳優がまとう豪華な衣裳がすべてが一体となり、浮世絵のように美しい世界を楽しむことが出来ました。

素晴らしい日本の伝統芸能を広島ではなかなか観ることが出来ませんが、3月12日にアステールプラザで、中村七之助さんの特別舞踊公演が開催されます。

今回の歌舞伎にも2つの演目に出演されていましたが、女形の妖艶な身振り手振りに美しい衣装でとても素晴らしい舞台でした。

歌舞伎に少しでもご興味のある方はその魅力を感じてみてはいかがでしょうか?!

記事一覧

1ページ (全251ページ中)

ページトップへ