土地を共有名義にする?しない?メリット・デメリットを紹介

 

はじめに

 

持っている土地の名義の共有名義を解消したい方は必見!

ここでは土地の名義の共有名義を解消する方法、さらにメリット・デメリットをご紹介します。

上記の件でお悩みの方は是非参考にしてみてください。

 

土地の共有名義について

 

まず共有名義の土地のことを「共有名義不動産」といい、

1つの土地や建物を複数人で所有しているという状態のことを指します。

例えば、兄弟全員が両親から実家を相続・贈与を受けたりすると共有不動産という扱いになります。

各共有者が持っている所有権のことを「共有持分」と呼びます。(共有持分の割合は原則共有人数で等分される)

この共有名義不動産は自分の判断だけでは売却することが難しく、所有者全員の承諾がないと手続きができないので、

トラブルになりがちで扱いに困っている人も多いことでしょう。

共有名義不動産の名義変更の方法(共有名義の解消方法)などを説明します。

 

☑分筆

土地の分筆とは、1つの土地を複数の土地に登記簿上分割することです。

土地が共有名義になっている場合は土地の分筆も解決方法の1つの選択肢になり、

土地が分筆されると地番が新しく付けられて、登記が独立したものとして行われるようになります。
 

☑自身が所有している持分を売却する

共有名義不動産は自身が所有している共有持分があれば、ほかの所有者の同意を得ることなく自由に売却ができます。
 

☑共有者全員で不動産全体を売却する

所有者全員が同意をした場合にできる不動産の売却です。

仮に一人でも反対すれば売却は成立しません。
 

その他に贈与・譲渡・相続といった方法があります。

また共有者同士での売買や持分放棄という解消方法もあります。

ちなみに不動産を取得すると付き合いがはじまる「固定資産税」ですが、

共有名義の場合の納税義務者は共有者全員の連帯債務になるそうです。

また共有者が死亡した場合の納税義務者は亡くなった方の相続人になります。

 

土地を共有名義にするメリット・デメリット

 

土地購入の際に共有名義にするメリット・デメリットを紹介します。

 

☑メリット

・土地購入時に1人当たりの負担額が小さくなる

・住宅ローン減税が二重に受けることができる

・土地売却時に特別控除を二重に受けることができる
 

☑デメリット

・相続で共有名義人が増えて権利関係が複雑になる

・売却が難しい

・持分だけ売約すると安くなる

・持分だけで相続税の物納ができない
 

などがあげられます。

夫婦間、親子間でしっかりと話し合い、共有名義にするかを決めましょう。

トラブルを避けるには事前に税金や費用、離婚時の手続きや遺言などの相談を

専門分野である司法書士事務所や弁護士事務所にしておくのも良いでしょう。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。

土地のこと、お家づくりのことなど、ご不明点などございましたら 是非西本ハウスまでお問い合わせください。