土地を売るには?おさえておきたいポイント

はじめに

 

「相続した土地を売却するにはどうしたら良いのだろう?」とお悩みの方は必見!
ここではおさえておきたいポイントや費用・税金、手続きの手順・方法などを説明します。

 

土地を売る際にかかる費用

 

土地を売却する場合、3つの税金がかかります。
①売買契約書に貼付する印紙代→印紙税
②ローンの抵当権が残っている場合に支払う税金→抵当権抹消の登録免許税
③土地を売却して利益が出た場合に納める税金→譲渡所得税(所得税・住民税)

また土地を売却する際には、条件や場合により、その他の費用や手数料がかかります。
①不動産会社に支払う手数料→仲介手数料
②ローンが残っている際に支払う、一括返済する際の手数料→繰上げ返済手数料
③地積測量図を作成する際に、土地の大きさを測るためにかかる費用→測量費用
④土地を更地にして売却する際の一戸建てまたはマンション解体にかかる費用→解体費用

次は土地を売却するための流れです。

①土地を売却すると決めたら、不動産屋さんに行く前に、まずはネットで情報収集!

②事前にできる準備として、売却に必要な書類や資料を手元に集めておきましょう。
本人確認のための書類や、登記の際に必要な書類、税額確認のため書類を用意しておきましょう。

③必要書類が揃ったら、一括査定サービスのサイトなどを利用して複数の不動産会社へ土地の査定の依頼をします。
不動産会社によって査定基準が異なるため、複数社に査定依頼することをおすすめします。
見積もりや買取時の手取り金額計算の無料シミュレーションを依頼しましょう。

④一括査定をした不動産会社の中から、売却のサポートをしてくれるパートナーとなる業者を決定します。
仲介業者選びはとても重要なポイントとなります。不動産会社選びに迷った場合は知名度や規模にこだわらず、
土地の売買に強い会社を選びましょう。

⑤媒介契約を結び、売り出し価格を設定します。売り出し価格は自由に決めることができますが、
査定価格・相場を目安に不動産会社の担当者に周辺の売却事例を聞き、
実際の市場の状況を客観的に把握して決めていきましょう。

⑥購入希望者が現れたら、媒介契約をした不動産会社を通じて購入申込書が届きますので
価格や条件面など問題がないかを確認し、不動産会社と相談・検討しましょう。

⑦売る側、買う側で合意ができたら、契約締結です。
売買契約書や重要事項説明書など売買契約で必要な書類は、不動産会社が作成してくれます。
契約当日は宅地建物取引士が重要事項説明書の説明を行い、売買契約書の内容を確認し合い押印します。
そして手付金を受け取ります。引渡しの際は売買代金を受け取り、必要な書類を買主に渡します。

 

土地を売るときのポイント

 

土地を売却する際の大事なポイントとしては、まず土地の相場をチェックすることです。
客観的に自分の土地がどのくらいの価値なのかを事前に調べておきましょう。
次に土地の売却が得意な不動産会社を選ぶことです。土地を売る場合、仲介業者選びはとても重要なポイントとなります。
知名度や規模にこだわらず、土地の売買に強い会社を選びましょう。そのためにも複数社に話を聞き、
検討・比較するのがおすすめです。
最後に所有の土地をキレイな状態に保っておくことも1つのポイントです。
土地は放置していると雑草が生え、管理が行き届いていないなと良くない印象を与えてしまいます。
いくら条件が良い土地といっても状態が悪ければ購入希望者を不安にさせる理由になります。
可能な限り土地の状態はキレイにしておきましょう。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?
土地の売却する際には物件を検索したり、実際に見に行ったり、相場を把握したうえで値段をつけましょう。

土地売却をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。