土地売却で失敗しないポイント

はじめに

「親から実家の土地を相続したが、田舎に帰る予定もないし、売却してしまおうかな…」と土地の売却をお考えの方必見!
失敗しない3つのポイントや流れ、かかる費用・税金、手続きの流れ・方法などを説明します。



土地の売却にかかる費用と流れ


土地の売却時には、大きく分けて3つの税金がかかります。
①印紙税…売買契約書に貼付する印紙代
②抵当権抹消の登録免許税…ローンの抵当権が残っている場合に支払う税金
③譲渡所得税(所得税・住民税)…土地を売却して利益が出た場合に納める税金


また、土地の売却時には、条件や場合により、その他の費用や手数料がかかります。
①仲介手数料…不動産会社に支払う手数料
②繰上げ返済手数料…ローンが残っている際に支払う、一括返済する際の手数料
③測量費用…地積測量図を作成する際に、土地の大きさを測るためにかかる費用
④解体費用…土地を更地にして売却する際の古家解体にかかる費用


次は土地売却の流れです。

1.情報収集
土地の売却を考え始めたら、不動産屋さんに行く前に、まずは個人で相場などがわかるサイトなどネットで情報収集!

2.必要書類の準備
事前にできる準備として、売却に必要な書類や資料を手元に集めておきましょう。
本人確認のための書類や、登記の際に必要な書類、税額確認のため書類を用意しておきましょう。

3.一括査定をする
情報収集・事前準備が整い、必要書類が揃ったら、一括査定サービスのサイトなどを利用して複数の不動産会社へ土地の査定の依頼をします。不動産会社によって査定基準が異なるため、複数社に依頼することをおすすめします。見積もりや買取時の手取り金額計算のシミュレーションを依頼しましょう。

4.不動産会社と媒介契約を締結
一括査定をした不動産会社の中から、売却のサポートをしてくれるパートナーとなる業者を決定します。
不動産会社選びに迷った場合は、大手にこだわらず、査定価格のほかに、土地売却実績の豊富さや、周辺の売却実績の有無などを参考にしましょう。不動産会社が決定したら、媒介契約を結びます。契約形態は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。ご自身の希望条件、売却希望時期を踏まえ、それぞれの媒介契約の特徴やメリット、デメリットを確認し、慎重に選ぶことをおすすめします。

5.売り出し価格を決める
媒介契約を結んだら、売り出し価格を設定します。
売り出し価格は自由に決めることができますが、査定価格を目安に、不動産会社の担当者に周辺の売却事例を聞いて、実際の市場の状況を客観的に把握して決めていきましょう。

6.売却活動開始
売り出し価格・値段が決まったら、売却する土地情報の開示を進め、売却活動を開始します。


7.価格・条件交渉をする
購入希望者が現れたら、媒介契約をした不動産会社を通じて購入申込書が届きますので、価格や条件面など問題がないかを確認し、不動産会社と相談・検討しましょう。

8.契約・土地の引渡しをする
晴れて双方の合意ができたら、いよいよ売買契約を締結します。
売買契約書や重要事項説明書など売買契約で必要な書類は、不動産会社が作成してくれます。契約当日は、宅地建物取引士が重要事項説明書を読み上げて説明を行い、売買契約書の内容を確認し合い調印し、手付金を受け取ります。引渡しの際は、売買代金を受け取り、必要な書類を買主に渡します。

土地の売却における3つのポイント


次に土地の売却における3つの大事なポイント・注意点を説明します。

1.土地相場をチェックする
土地の売却の際は、できれば早く、高く売るために、客観的に自分の土地の価値がどれくらいなのかを事前に調べておきましょう。

2.土地売却が得意な不動産会社を選ぶ
土地売却において、仲介してくれるパートナーとなる業者選びはとても重要なポイントです。知名度や規模にこだわりすぎは注意。得意なエリアや種類、賃貸よりも売買に強い会社など、売却を考えている土地の条件に合う不動産会社を選ぶようにしましょう。そのためにも、何社かの不動産会社で話を聞き、比較・検討するのがおすすめです。

3.土地をキレイな状態にしておく
空いている土地は長期間放置しておくと、雑草が生えたり、ゴミを捨てられたりして印象が良くない状態になってしまうことがあるので注意しましょう。購入希望者に現地案内をする際、あまりに状態が良くないと、いくら他の条件が良くても印象が悪くなってしまいます。価格の減額交渉をされる場合もありますので、土地の状態はキレイにして良い印象を与えるようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
土地売却をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。