家づくりを考え始めた方に、初めてでも分かる土地購入までのステップ!

土地を購入して家を建てるまでの流れを知ろう

 土地の購入は大きな買い物ですから、色々な疑問や不安もあるでしょう。ここでは、そんな方にお役立て情報をご紹介します。
 

土地探しのポイントや注意点

 土地を購入して新築住宅を建てたい方に、知っておいていただきたいポイントをご紹介いたします。

 土地を買って一戸建て住宅を建てる場合、しっかりと計画を立てる必要があります。まずは自分が建てたいお家のイメージを描いてみましょう。住みたい家のイメージを固めていくことによって、土地探しの基本情報である「住みたいエリア」「土地の大きさ」「土地の予算」を選定していきます。

 土地の広さとともに考慮しなければならないのが、立地と周辺環境です。駅や学校などからの距離や、スーパーなどの利便性についても、希望条件を書き出してみましょう。また土地の選び方は自由ですが、その宅地の値段の相場や敷地に接している道路幅、値引き幅や仲介手数料などについても細かくチェックしましょう、

 山や畑などの農地は価格が安くお買い得のように感じますが、用途地域や道路との関係、地質、地盤、周辺環境などをしっかり確認しないと後悔することになります。また、建物を建築する際には、建築基準法をはじめとしてさまざまな制限があるため、これらの法律について最低限の知識を得ておくことをオススメします。

 ただし、土地は一つとして同じ条件のものがないため、簡単に理想に近い土地に巡り合うことはとても難しいのが現実です。土地の条件が多少悪くても、例えば「古家付き土地」など条件の幅を広げて、希望に近い安い土地を検索してみるのもコツのひとつです。
 

どこに依頼すれば良いの?

 土地探しの事前準備が終わったら、次は土地探しを任せる不動産屋や建築会社を探しましょう。

  ・希望の土地周辺の不動産業者に依頼する

 ・ハウスメーカーや工務店に土地探しを依頼する

 ・suumo・HOME'Sなどの無料の不動産情報サービスの土地ランキングで検索する

 家を建てるというのが目的なのですから、しっかりと予算内でいい土地を探してもらえるように依頼しましょう。また、どのような方法で土地を探しても問題はありませんが、ひとつ重要なポイントがあります。それは、「土地を決定する前に、ハウスメーカーや工務店の人に相談する」ことです。土地の候補が見つかったら、契約前に必ず建物専門の人に土地を見てもらいましょう。その土地に希望の間取りが入るのか、また他に工事費が発生しないか、建築基準法などの条件をクリアしているかなど、アドバイスをもらっておくことが重要です。
 

購入から買い付けまでの準備

  良い土地を購入するには、次のことを意識しましょう。 どこの建築会社で、どのような間取りでどれくらいの予算で家を建てるのかをしっかりと決定しておきます。その上で、条件の合う土地が公開されたときにすぐに購入できる準備を進めておくことをオススメします。

 事前準備をしっかりしておけば、即座に購入すべきかどうか判断ができるので、良い土地を逃す可能性が減少します。

 良い土地に出会えたら、次はいよいよ土地の申込み「買い付け」になります。 買い付け方法はとても簡単で、建築会社または不動産会社にある買付専用用紙に記入するだけです。 買い付けは正式な売買契約ではありませんから、金銭のやり取りは発生しませんし、印鑑も不要です。 ただし、早いもの勝ちですので、先に用紙が届いた人が権利を得ることになりますので、土地を購入すると決めたら、1分でも早く買い付けの予約をしましょう。
 

住宅ローン事前審査

  続いての流れは住宅ローンの事前審査になります。 事前審査とは、正式なローン申込みに先立って、希望する住宅ローンの利用が可能かどうかを金融機関に打診することです。

 土地契約の前には必ず住宅ローンの事前審査が通っていなければなりません。 基本的に、土地だけの購入では住宅ローンを組むことはできませんから、頭金を準備したり「つなぎ融資」または「土地先行融資」などの分割支払い方法を利用しましょう。 住宅ローンシミュレーションから購入可能金額を調べ、このタイミングで事前審査に通っていれば問題ありません。 ただし買い付けから契約までには、一般的に1週間ほどの日数しかありません。 買い付け後に住宅ローンの事前審査を提出するとせっかく良い土地があっても間に合いませんから、手順を踏んで事前にやっておくことをおすすめします。
 

不動産売買契約までの流れ

  土地の契約での大きなポイントは「買い付けから約1週間程度」しか時間が無いという事です。 場合によっては売り主側が融通を利かせてくれることもありますが、1週間以上待った後、買わない選択をされてしまうと売り主は時間的損失があるので期限が短くなっています。 また、土地を契約する際には、現金で50万円~土地代金の1割ほどの手付金を支払わなければなりません。 正式な売買契約に至ると、簡単には解約できません。 もし解約を希望する時には、通常上記手付金を放棄すれば解除は可能です。 どちらにしろ、買い付けから1週間で契約するかどうかの判断をしなければなりませんので、慎重に考慮して契約しましょう。
 

土地購入の全体の流れ

  ここで、土地を購入する際の全体的な流れをご紹介します。

 ① 家族間で要望と予算のすり合わせをして、土地探しの事前準備をしましょう。

 ② インターネットなどのサイトで土地や不動産屋・建築会社の情報収集をしましょう。

  ※①と②は並行して進めると良いでしょう。

 ③ 不動産屋・建築会社に土地探しの依頼をしましょう。

 ④ 不動産屋や建築会社の絞り込みをしましょう。

 ⑤ 住宅ローンの事前審査に申し込みましょう。

 ⑥ 不動産屋または建築会社を確定し、土地の買い付けを進めましょう。

 ⑦ 土地の契約を行います。

 ⑧ ローン本申し込みをしましょう。

 ⑨ 決済後、金消契約を行います。

 スムーズに良い土地が見つかった場合、早い方で約2ヶ月、良い土地が見つからない場合は1年以上かかるケースもあります。

 土地探しの期間は、希望に叶った土地が見つかるかどうかで大きく異なります。

 事前準備として、土地に関係する費用や税金についても把握しておくと良いでしょう。

 

まとめ

  土地は、代金を支払えば簡単に手に入るものではありません。様々な書類の確認や押印、専門家の立ち会いや手続きを経て、ようやく自分のものにできるのです。気軽に買い換えられないものだけに、絶対に失敗はしたくはないですよね。ここでご紹介した土地購入の流れと必要な手続きについて、全体的な流れを把握しておくことが大切です。特に、土地購入は契約までのスピーディな情報収集、段取りが最も重要です。家づくりをご検討中の方、将来マイホームを持ちたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 また、西本ハウスでもおすすめの自社分譲地情報を掲載しております。

 ・家族を守る高い安全性

 ・子育て世代が暮らしやすいロケーション

 ・お客様の家計を圧迫しないコストパフォーマンス

 上記のような観点から、おすすめする最新の土地や一戸建て情報をご紹介しています。なお、自社分譲地は続々と商談が入っております、お早目のご検討とお問い合わせをお待ちしております。

 HP掲載前物件もございますので、土地からお探しの方はぜひ弊社までお問合せください!

 また、お客様のご希望条件にかなうような土地探しも家づくりのプロが承っておりますので、お気軽にご相談くださいね。