家づくりを考え始めた方に、新築住宅の価格を分かりやすくご紹介!

新築住宅の価格の相場について ~自分にとっての適正価格とは~

家づくりの費用っていくらかかるの?
 家づくりを考え始めた方が、最初に気になるのが、家の坪単価ではないでしょうか?また、「マイホームが欲しいと思っても、何千万円という大きな買い物にはためらってしまう......」そんな方は現在お住いの家を建て替えやリノベーション、リフォームをして、値段を抑えようとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。新築住宅の購入を考え始めた方に、家づくりの費用を正しく知っていただくためにも、他の人たちはいくらの新築住宅を購入しているのか気になりますよね。そこで今回は、おおよその目安として、どのくらいで新築住宅を購入しているのかを、マイホーム購入にかかる総費用や今の年収で買える価格なども含めてご紹介します。

みんな大体いくらくらいで新築住宅を購入しているの?
 新築住宅は購入する地域や広さによって価格が大きく異なるため、一概にいくらとは言いにくい部分がありますが、ここではおおよそのイメージをつかむために住宅金融支援機構が実施している「フラット35利用者」へ調査した結果をご紹介いたします。
・土地付き新築住宅の購入価格の全国平均は、3,955万円
・建売住宅の入価格の全国平均は、3,338万円
人口が集中する都心部エリアに絞って見ると、首都圏などでは平均を上回る結果がご紹介されていますが、都心部を除いたその他の地域では、土地付き新築住宅を購入するなら4,000万円、建売住宅なら3,300万円という数値がひとつの目安になるでしょう。

新築住宅の種類と価格について
 家づくりを考え始めた方が最初に戸惑うのが、注文住宅・平屋住宅・分譲住宅・建売住宅・鉄筋コンクリート住宅・新築マンション・中古住宅・中古マンションなど一戸建て住宅にも様々な種類や呼び名があるという事です。

ここでは、西本ハウスが取り扱う「新築住宅とその価格」についてご紹介いたします。
【規格住宅】ZERO-CUBEに代表される規格住宅とは、あらかじめ決まったプラン(間取り)をカタログなどから選び、外観や屋根の形状を、複数の選択肢から選んでいくタイプの住宅の事を指します。基本的に間取りや窓の位置などを変更することはできませんが、内装(壁紙や床の色)などはある程度自由に選ぶことができます。間取りが規格化された住宅なので、大量生産することで価格を抑えることができるのが大きな特徴です。

【セミオーダー住宅】NSTYLEに代表されるセミオーダー住宅とは、2つのコア『水回り・階段コア』・『LDKコア』を自由に組み合わせることができる間取りでクオリティやデザイン性は損なわず、間取りなどの事前の打ち合わせ時間の短縮を実現し、諸経費を抑えた住宅です。

【注文住宅】注文住宅は希望を形にすることができるため、間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高い住宅です。間取りや外観、仕様を自分や家族の好みに仕上げた新築住宅は、まさしく自分たちだけのオンリーワンの住宅といえるでしょう。


いくらでどんな新築住宅が建築できるのか?
 ご自分の予算内で満足できる新築住宅の間取りを建てられる金額はいくらなのか、どんなグレードの設備を選べばいいのかをイメージすることが難しいので、新築住宅の建築費の価格帯によって、どんな一戸建て住宅が建てられるのかを比較してみましょう。
【1000万円台の新築住宅】シンプルな外観や間取りでコストを抑えた新築住宅
 予算は少ないけれど早く戸建てを持ちたい方、教育費や趣味など住宅以外のことにお金をかけたい、予算を抑えて早くローンを完済してしまいたいなど、コスト重視の人に選ばれる価格帯です。間取りの決まった規格住宅や、建築費は家の形に左右されることが多いので、凹凸の少ない長方形や正方形のシンプルな家が多い傾向にあります。
【2000万円台の新築住宅】予算配分のメリハリで夢が叶う新築住宅
 新築住宅を建築すると、間取りに合わせて建築費以外にも家具を買い替えたりなどのお金が掛かります。建築費の予算が2000万円台という方は、建築費以外も含めた家に掛かるコスト全体で予算配分を考えることをオススメします。
【3000万円台の新築住宅】実現したい間取りを叶えやすい新築住宅
 3000万円台で新築住宅を建築するなら、予算に合わせてお金をかけるところ、コストを抑えるところのバランスをとるといいでしょう。予算の中でできること、出来ないことを選ぶことになるため、間取りプランを決めるまでに多くの時間が掛かるのがこの価格帯で建てるケース。家族で迷ったり話し合ったりする時間を通して、自分たちがどんなライフスタイルを望むのかどんな間取りが合っているかなどを考えてみるよい機会にもなります。
【4000万円台の新築住宅】さまざまな間取りプランが実現可能な新築住宅
 新築住宅へのこだわりの強い人が希望を間取りプランに盛り込んでいくと、4000万円以上の建築費になる傾向があります。つまり、4000万円台の家というのは、どんな間取りプランでも実現可能な価格帯だということです。

以上のように、新築住宅は同じ価格帯でも、お客様がどこにお金をかけるかによってプランが違ってきます。同じ広さ、同じ建築費でも、「内装は安価な材料を選び、キッチンやカーテンにもたくさんお金をかけた」という方もあれば、「設備も内装も外装も、平均的なものを選んだ」という方もおられます。また、どのような新築住宅が建てられるかは、まずは無理のない予算、そしてどこにどれくらいお金を掛けるかという考え方次第で決まります。新築住宅を建てるなら、どんな家が居心地がいいか、暮らしやすいかを家族で集まって話しあうことをオススメします。

新築するなら平屋がオススメ?
2階建て新築住宅が主流の中、平屋住宅を希望する世帯が増えています。耐震性や使う資材の量などを考えると2階建て新築住宅のほうが高いような…、でも敷地面積は平屋のほうが広いからその分だけ土地代が高いのでは…など、いろいろと疑問は多いことでしょう。実は、一般的に2階建て新築住宅より平屋のほうが建築費用は高くなると言われています。その理由は3つあります。
①平屋住宅の敷地面積の広さ
②平屋住宅の屋根の大きさ
③平屋住宅の資材のコストパフォーマンス
一方で、平屋のほうが建築費用を安く抑えられるという考えもあります。平屋の場合は部屋の間取りやリビングダイニングが広かったとしても、トイレや浴室は1つあれば十分ですし階段も不要です。また、普段のお手入れに関しても2階建て新築住宅の間取りより平屋住宅の方が楽にできます。平屋の値段が高くなる基礎や屋根の費用、2階建て新築住宅では必要でも平屋では必要ない設備や間取りなど、さまざまな要素を総合して考えていく必要があります。平屋住宅の間取りでのデッドスペースやコストアップのリスクが出やすくなる側面もありますので、平屋住宅の間取りの設計をできる限りシンプルにすることです。また、平屋住宅の材料や設備もグレードを抑えることで、コストダウンも期待できるようになります。

 

新築住宅でかかる費用の内訳は?

予算はどうやって決める?
 建物を建築するときの価格は、貯金や親からの贈与など用意できる頭金価格に、借り入れできる住宅ローン借入額を合計した金額とするのが一般的です。そして住宅ローンの金額は年収によって変わります。返済負担率(年間の返済額/年収)が25%以内であれば安全ラインといわれています。目安として年収500万円なら借入額は3,400万円。年収600万円なら4,000万円といった具合です。ただし、他に車のローンなどの借り入れがあるかどうかや家族構成などによって借り入れできる金額は変わってきます。希望の建物が見つかったら、金融機関へ事前審査を申し込んで借り入れ可能額を把握しましょう。


坪単価とは?
 
広告などでよく使われている「坪単価」。いくらくらいで建築できるかという建築価格の比較に「坪単価」を使っている人も多いかもしれませんね。でも実は、坪単価だけでその家の「高い」「安い」を判断することはできません。では、坪単価とは何なのか、坪単価はどうやって決まるのかなどを、ご紹介いたします。
坪単価は建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに建築費がいくらかかっているのかの価格を算出したものです。

坪単価の計算方法は
家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価
ただし、ハウスメーカーによって、坪単価の出し方が違うということにご注意ください。「坪単価を出すための家の本体価格に照明器具やエアコン、電気やガスの屋外配管の費用を含めているハウスメーカーもあれば、含めていないハウスメーカーもあります。まれに坪単価に外構費用が含まれていることもあるなど、本体価格に含まれる範囲が違うため、同じ仕様、同じ規模、同じ間取りの家だとしても、ハウスメーカーによって坪単価は違ってくるのです。坪単価は他の住宅メーカーと比較して、その家が安いのか高いのかという判断には使えません。しかし、同じハウスメーカーの商品の相場や比較の目安にはなるでしょう。坪単価は建てたい家の本体価格を出すためではなく、目安として上手に活用することをオススメします。また、新築住宅を建てる場合、坪単価を上げるのも下げるのも結局はお客様の考え方で決まります。例えば、今は水まわり設備を充実させたいという人が多く、キッチンや浴室、洗面室にお金をかける傾向があります。すると当然坪単価は高くなります。決まった予算のなかで、設備にお金をかけるのか、外壁や内装にお金をかけるのか、そのバランスの取り方が坪単価を左右するのです。新築一戸建て住宅や平屋住宅を建てる際には、坪単価はあくまでも目安であるということを理解し、住宅会社としっかり相談したうえで契約しましょう。

年収と予算の関係
 
建物の購入には、毎月の返済額と購入後に必要な価格を含めて事前にシミュレーションし、いくらの物件を買うのが無理のない生活を送れるのかをよく考えておく必要があります。家を買う時はつい無理をしてしまいがちですが、もし毎月支払うローンの金額を支払い可能なギリギリに設定してしまうと、その後支払いが苦しくなって家を手放してしまうなんてことにもなりかねません。今後の年収や経済情勢、家族構成などは常に一定というわけではありません。どのような状況に変化しても対応できるように、支払い額に余裕がある価格の新築一戸建て住宅を選ぶことが大切です。

資金計画の立て方のコツ
 資金計画とは、家づくりの予算を決めることです。建物は人生最大の“お買い物”ですが、無理をすると住宅ローン返済の負担が重くなり、新築一戸建て住宅での暮らしが楽しめない可能性もあります。そこで、無理のない資金計画を立てるコツをご説明いたします。人生でもっとも高い買い物といわれる、新築一戸建て住宅の購入。そのため、将来のライフプランまで考慮した資金計画を立てることが重要です。
・家賃と同額のローンを組むのは注意しましょう! 
  不動産広告で、「今払っている家賃と比べてください」といった文言をよくみかけます。一見、家賃より安いのでローンを組んで新築一戸建て住宅を買ったほうが得だと考えがちですが、よく考えてみましょう。家賃は金利に関係なく一定額です。しかし、住宅ローンの価格には金利がついているということをお忘れなく!
・頭金は無理せず、抑えた方がよい!
 頭金を積めば、その分、住宅ローンの借入金額が減るので、できるだけ多い方がよいだろうと考えている方もおられます。確かにその通りですが、預貯金など手元の資金が少ない方にはリスクが高くなるだけなのであまりオススメはできません。長い人生、いつ何が起きるかわかりません。病気で入院することもあるでしょうし、共働きの家庭だと出産~育児のあいだ、奥さんの収入がなくなることもあるでしょう。また、子どもの教育費がかかることも見据える必要があります。多くの住宅ローンは「団体信用生命保険」に加入するので、万が一があっても残債は保険がカバーします。ですから、頭金は無理なく払える価格分だけを払えばよいのです。

 新築一戸建て住宅を建てる時には、建物本体価格と土地代の他にも様々な費用が必要です。おおむね、建物本体の価格と土地代金の価格までしか記載されていない場合が多く、その他にか掛かる諸費用価格を見落としがちです。新築一戸建て住宅の諸費用価格は、少なく見積もっても数百万円になるので、諸費用価格を見落としていると「思ったより建物にお金をかけられなかった」「予定よりローンの支払いが大きく膨らんでしまった」などの失敗の原因になってしまします。また、建築に掛かる諸費用価格の他にも、外構工事費や火災保険料・引っ越し代や家具・エアコンなどの家電代金などの価格も忘れてはいけません。新築住宅を購入する前に、これらの価格についてもしっかり把握し、きちんとした資金計画を立てましょう。

 

価格を抑えるためにはどんな工夫ができる?

予算削減のポイント
 予算が決まり、気になるメーカーに見積もりを取ってみたら「予算より数百万円もオーバーしている!」ということがあります。このようなときに参考にしたい、予算を下げるのポイントをランキング別にご紹介しましょう。

■ポイント1:建物や屋根の形をシンプルにする
 材料費と工事人件費を減らすことは予算削減に直結します。したがって、建物や屋根の形をシンプルにするのは効果的な方法です。ただ、家や屋根の形は、採光・通風やデザインを考慮して決めるのが基本です。コスト削減ばかり気にすると快適性を損ねたり、見た目のバランスが悪くなったりするので注意しましょう。

■ポイント2:設備機器の数やグレードを見直す
 設備機器の数を減らすことはコストダウンに直結します。例えば、採光用に設ける小窓の数を減らしたり、各階にトイレや洗面化粧台があるならば1階のみにするだけで、数十万円のコストダウンが可能になります。また、システムバスやキッチンのグレードを見直すのも効果的な方法です。

■ポイント3:造り付け家具をやめる 
 間取りや収納したい物のサイズに合わせて設けられる造り付け家具は、使用する材料にもよるが、現場で加工するために人件費が高くなりがちです。間取りに合うように収納スペースをつくりたいなら、置き家具のサイズに合わせてプランニングをするという方法もあります。

■ポイント4:塗装や左官など湿式工事を避ける
 湿式工事とは、モルタルや塗料などを刷毛やコテで仕上げる工事のことです。一般的に何回も塗って仕上げるため、時間や手間もかかり人件費が高くなります。予算を削減したいなら湿式工事はできるだけ避けて、乾式工事を積極的に取り入れることをオススメします。例えば、外壁なら普及品のサイディングを、室内壁なら量産タイプのビニールクロスを選択するとコスト削減になります。

■ポイント5:オープンな間取りにする
 間取りを考えるとき、『〇LDKにしたい』と部屋数を重視してしまいがちです。しかし、間仕切りを減らしてオープンな間取りにすれば、壁やドアなどの材料費と、大工の人件費のコストダウンができます。さらに、部屋数を減らした間取りで、照明やスイッチ、コンセントの数も減らせるので、その分の費用も削減できます。


これら5つのポイント以外にも、自分たちでDIYをして予算を調整する方法もあります。壁に珪藻土を塗る、棚を取り付けるなどが多いですが、営業担当者や現場監督に事前に相談をして、どのタイミングで行えばよいかアドバイスをもらうとよいでしょう。大幅な予算削減にならないかもしれませんが、DIYで家づくりに参加することは、家族のよい思い出になるでしょう。
 

お家を安く購入するための秘策とは?
 一軒家を購入しようとするとき、少しでもお安く手に入れる方法をご紹介いたします。まず、モデルハウスを購入する方法です。住宅展示場などに建築しているモデルハウスは、展示期間完了後の約2、3年で割り引いて販売します。上手に値引き交渉すれば、さらに値段が下がるかもしれません。HPなどで、モデルハウスの価格の推移を把握し、一番良いタイミングで購入することをオススメします。