徹底比較!「新築一戸建て住宅」vs「新築建売住宅」

お家づくりを考え始めた方に「新築一戸建て住宅」と「新築建売住宅」との違いについて

 「そろそろ賃貸生活を卒業して持家が欲しい!」・・・、お家づくりを考え始めた方で、一番最初にぶつかる壁は「新築一戸建て住宅」で建てるか、「新築建売住宅」を購入するかの選び方についてどちらが良いか迷われる事です。失敗しないお家づくりにおいて、納得のいく夢のマイホームを実現するために、ここではそれぞれの意味とその違いをご紹介しながら、徹底比較してみましょう。

「新築一戸建て住宅」と「新築建売住宅」の違いは何でしょうか?

 「新築一戸建て住宅」とは、最初から自分好みのデザインを採り入れた建物を建築士が設計し、施工会社と建築工事請負契約を結んで建築する方法です。これに対して、住宅の売主である不動産会社と売買契約を結んで土地付き建物の購入を「新築建売住宅」と言います。

 土地を買って新築一戸建て住宅を建てる場合は、土地によって建築条件無しと建築条件付きに分けられます。建築条件の無い土地は自分の好きな住宅会社に依頼できますが、条件付きの場合は住宅会社があらかじめ指定されています。
 一方、一般的に不動産会社が所有する新築建売住宅はすでに建物ができている状態で購入するのが基本ですが、建物が未完成のケースもあります。どちらも建築確認申請が済んで、建物が法律を守っているかどうか審査済みですので、設計の変更は基本的にできません。また、年代問わず幅広く人気の平屋の住まいは、基本的には建売では扱うケースが少ないので気を付けましょう。
 せっかく高いお金を支払って叶えた夢のマイホーム・・・。絶対に後悔しないためにも、それぞれのメリットとデメリットを把握し、あなたに合ったお家について考えてみましょう。

 

それぞれのメリット、デメリット

新築一戸建て住宅のメリットとデメリット 
 新築一戸建て住宅のメリットは、建物の構造や間取り、設備、内装などを自分の希望どおりにできることです。自らが施主として、着工前から竣工までのすべての過程を詳細にチェックすることができ、「自分が建てた家」という満足感や充実感も得られやすいでしょう。
 その反面で、設計や見積もりなどで建売住宅とは比べものにならないほど多くの時間を必要とします。工事や設計の変更などで追加費用が発生しやすく、予算オーバーになりがちなこともあります。また、建築を依頼をする工務店やハウスメーカーによって支払い条件は異なり、資金計画は繁雑になりがちです。土地についても、特に都内などでは、ご希望にぴったりの土地を見つけるのは難しいものです。

 先に土地を購入して新築一戸建て住宅を建てる場合、土地購入資金に対する金融機関の融資が難しい場合もあります。土地購入資金を住宅ローンの一部実行分として融資する金融機関のほか、土地購入には住宅ローンよりも高い金利のローンしか融資しない金融機関もありますから、事前に入念な打ち合わせをすることをオススメします。

新築建売住宅のメリットとデメリット 
 新築建売住宅のメリットとして、まず購入手続きが簡単なことが挙げられます。売主業者のプランで建てられた住宅を、その敷地と一緒に購入するので、売買契約時に手付金を支払って、残りのお金は住宅ローンで一括して借りるなど、資金の流れはマンションや中古住宅を購入するときと同様に、比較的簡単です。
 また、新築一戸建て住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、比較的スムーズに購入することができます。複数の棟が同時に売り出される現場であれば、敷地境界を明確にするので、隣地とトラブルを生じる可能性は低いでしょう。建築に合わせて、周辺道路の整備などが行われる場合もあります。  
 新築建売住宅のデメリットとしては、間取りや設備などがなかなか自分の思いどおりにならないことが挙げられるでしょう。一部、間取りの変更ができたりオプションで設備の取り換えができたりするケースはあるものの、自由に変えられるわけではありません。また、画一的な建物になりがちで、そっくりな建物が並ぶ場合もあります。敷地が細分化されることによって隣家との間隔が狭くなる場合も多く、また、着工時から建築の様子を確認することも困難なため、しっかりとした工事が行われているのか不安が残る面も否めません。


「新築一戸建住宅vs新築建売住宅」それぞれのコストの違いは?

 一般的な新築建売住宅は、設備や内装などが平均的なグレードになってしまいがちです。建築会社の利益だけでなく、それを販売する不動産業者の利益も上乗せしたうえで、「売れ筋の価格帯」に収めることや、万人受けして売りやすいことが優先されますから、あまり高級な設備やこだわりの内装などは取り入れにくいのです。量産品で比較的安いものが使われることも多いでしょう。
 それに対して新築一戸建て住宅では、個人のこだわりが反映される分、建物の価格は高くなりがちです。工務店との請負契約とは別に、建築家に設計やデザインを依頼することで、支払いが増える場合もあります。
 新築一戸建て住宅でもあまり仕様にこだわらなければ、コストを切り詰めることは可能です。シンプルな造りにしたり、室内の塗装などを自分たち家族で手掛けたりして、大幅なコストダウンを実現している例もみられます。工夫次第で高くも安くもなる新築一戸建て住宅ですから、新築建売住宅と比較してそれほど明確な価格差はないともいえます。
 どちらを選ぶべきなのかは、建築前に時間や手間を掛けられるかどうか、また新築建売住宅では実現できないこだわりがあるかどうか、といった視点で考えると良いでしょう。また、新築一戸建て住宅は、基本的に値引き交渉はできません。新築建売住宅でしたら、販売開始をしたものの問い合わせがなかったり、新築建売住宅が完成して期間が経ったものは、売主が価格改定をして、販売価格を下げることもあります。ただし、新築建売住宅で人気エリアで少し相場より安い販売価格の物件の場合は、基礎段階や建築中でも購入する方がいるので、しっかり情報を把握し、「値下げになったら買おう」なんて思ってるとすぐに売却物件となってしまいますがら、決断時が大切です。

 

徹底比較!「新築一戸建て住宅」vs「新築建売住宅」

Q1.総費用が抑えられるのはどっち?

 A. 【引き分け】コストダウンがしやすい「新築建売住宅」、「新築一戸建て住宅」ともに予算内での調整は可能

 一般的に新築建売住宅は建物の価格に割安感があるというイメージがあります。たしかに一度に多くの住宅を分譲するケースでは、部材を規格化することなどでコストダウンが可能ですが、1棟ずつ建てる場合は新築一戸建て住宅と変わりません。一方で、新築一戸建て住宅は仕様をこだわるとキリがないため、住宅会社などで資金計画をして、その範囲内で調整してもらうことも可能です。

Q2.価格がわかりやすいのはどっち?
 A. 【新築建売住宅】価格が分かりやすい「新築建売住宅」、「新築一戸建て住宅」は工事費の種類で価格が分かれているので複雑

 新築建売住宅は販売価格が明示されているので分かりやすく、予算オーバーも防ぎやすいのに対し、新築一戸建て住宅では予算を決めることはできますが、設備の種類など細かい部分までは実際にお見積もりをしないと分かりません。建物本体の工事費の他に外構や付帯工事費の他、設計料などが別途必要になるケースもあります。入居までに必要な総費用を把握して資金計画を立てると良いでしょう。

Q3.希望どおりの間取りに住みたいならどっち? 
 A. 【新築一戸建て住宅】自由な設計が可能な「新築一戸建て住宅」、間取りを変更できない「新築建売住宅」

 新築一戸建て住宅は土地を購入してから建てるので、間取りは自由度の高い間取りが可能です。徹底的にこだわれば満足度も高くなります。一方、新築建売住宅はすでに間取りが決まっているので、自分の好みの物件を見つけない限り、希望の間取りに住むことは難しいでしょう。

Q4.内装や外装のデザインにこだわりたいならどっち?
 A. 【新築一戸建て住宅】
「新築一戸建て住宅」ならデザインも自由、「新築建売住宅」は軽微な変更のみ

 間取りと同様、新築一戸建て住宅なら自由にお好みのテイストを追求したデザイン住宅が実現できます。これに対し、新築建売住宅は基本的には変えられませんが、未完成住宅の場合でしたら、壁紙や塗装の色など、建物の構造部分に影響が出ない範囲で変更ができるケースもあります。

Q5.好みの設備・建材を取り入れたいならどっち?
 A. 【新築一戸建て住宅】選択肢が限定される「新築建売住宅」、原則として自由に選べる「新築一戸建て住宅」

 新築建売住宅は設備や建材もほぼ決まっています。一方、新築一戸建て住宅なら原則として自由に選ぶことができますが、住宅会社によっては扱う設備や建材が限られ、変更にコストがかかる場合もあります。

Q6.将来のリフォームに備えやすいのはどっち?
 A. 【新築一戸建て住宅】「新築一戸建て住宅」は設計時に考慮できる、将来を想定した「新築建売住宅」は少ない

 新築一戸建て住宅なら、将来のライフスタイルを考えて、例えば広めの個室にドアを2つ設けて将来2部屋に分割できるようにするなど、設計段階からリフォームしやすい間取りが可能です。それに対して、新築建売住宅の場合は入居後の間取り変更を前提としていない住宅が多く、将来のリフォームまで考えた住まいを探すことは難しいでしょう。

Q7.仕上がりをイメージしやすいのはどっち?
 A. 【新築建売住宅】「新築建売住宅」なら実物を目で見られる、「新築一戸建て住宅」もシミュレーションは可能

 すでに建物が完成している新築建売住宅なら、仕上がりは一目瞭然です。間取りの使い勝手や家具の配置などが確認しやすく、日当たりや眺望も確かめることができます。一方、これから建築する新築一戸建て住宅は仕上がりを確認することはできません。ただ、住宅会社によっては近いイメージのモデルハウスのご案内や施工実例のご紹介、立体模型やパソコンで完成時をシミュレーションをするサービスを行っている場合もあります。

Q8.建築過程を確認しやすいのはどっち?
 A. 【新築一戸建て住宅】順を追ってチェックできる「新築一戸建て住宅」、隠れた部分は確認できない「新築建売住宅」

 新築一戸建て住宅なら、基礎工事の段階から順を追って工事の内容を確認することができます。実際に現場に行って現場監督に疑問点を聞いてみることも可能です。一方、完成済みの新築建売住宅は、構造躯体など目に見えない部分はチェックすることはできません。

Q9.ローンを組むときに手間と負担がかからないのはどっち?
 A. 【新築建売住宅】早くローンが組める「新築建売住宅」、「新築一戸建て住宅」は手間とコストがかかる

 新築建売住宅は土地と建物がセットで、住宅ローンもまとめて借りることができます。建物が完成していれば銀行の審査も比較的スムーズでしょう。これに対し、新築一戸建て住宅でも建物のラフプランなどを提出することで、土地を買うときにローンを組むことができます。
また、【フラット35】を借りる場合は建物が完成してから融資が実行されるので、土地代金などを金融機関のつなぎ融資で借りて先に支払うのが一般的ですが、つなぎ融資の利息や借入費用を負担するなど手間とコストがかかります。

Q10.契約後、早く住めるのはどっち?
 A. 【新築建売住宅】ローン審査を経るだけの「新築建売住宅」、「新築一戸建て住宅」は設計と工事期間が必要

 建物が完成している新築建売住宅なら、売買契約をして住宅ローンの審査が通れば、すぐに融資の実行と建物の引渡しを受けて入居することが可能です。それに対して新築一戸建て住宅では、土地探しの期間、建物のプランニングに掛かる期間、そして工事期間と多くの時間を要します。お子様のの進学時期など新居に入居したい時期が決まっているのでしたら、早めのスケジューリングと行動をおススメします。

Q11.性能がわかりやすいのはどっち?
 A. 【新築一戸建て住宅】希望すれば表示できる「新築一戸建て住宅」、表示する物件が限られる「新築建売住宅」

 耐震性や省エネ性など住宅の性能は建物を見ただけでは分かりにくいのですが、住宅性能表示制度を利用していれば10項目にわたって性能が等級などで表示されます。この性能表示制度で評価機関から評価書を発行してもらうには、設計段階からチェックを受けなければなりません。新築一戸建て住宅ならコストは掛かりますが、希望すれば表示制度を利用することができます。新築建売住宅では、制度の利用については売主が判断しますので、性能表示制度の評価を希望される方は、最初から評価書の付いた住宅を探す必要があるので、物件数は限られてしまいます。

Q12.保証・アフターサービスが充実しているのはどっち?
 A. 【引き分け】「新築一戸建て住宅」も「新築建売住宅」もすべての新築住宅に10年保証が義務づけられている

 平成12年に施行された「住宅品確法」により、すべての新築一戸建て住宅には基本構造部分について10年間の瑕疵 担保責任が義務づけられています。また、アフターサービスについては住宅会社や不動産会社によって取り組み方が様々ですので、あらかじめ確認して契約することをおススメします。

 

あなたにおススメなのはどちら?

こんなタイプの人には新築一戸建て住宅がおススメ
・土地を購入した人や建て替えをしたい人
・時間をかけてこだわりの家づくりをしたい人
・外観や内装のデザインや使用する素材などにこだわりがあったり、取り入れたい設備がある人
・家づくりを依頼したい設計事務所やハウスメーカーなどがある人、希望する工法がある人
 間取りなどに希望を取り入れた家づくりをしたい人の中でも、住宅の設計や建築を行う会社や工法・仕様などにこだわりがない場合は、建築条件付き土地も選択肢になります。

こんなタイプの人には新築建売住宅がおすすめ
・土地を持っていない人
・すぐに入居したい人
・時間と手間を掛けずに一戸建ての物件を手に入れたい人
・間取りやデザインが決められた物件の中から選びたい人
 新築建売住宅の中でも大規模分譲地は、新たなコミュニティが形成されることに魅力を感じて選ぶ方も多くいらっしゃいます。

マイホームで重視したいことを基準に
 一軒家が欲しい方の中には、広いリビングなど間取りやデザインに強いこだわりがある人もいれば、ある程度決められた物件の中で選ぶ方が楽だと思う人もいます。
ただし、デザインにこだわりたい人でも満足できるような、モダンでデザイン性の高い新築建売住宅もあります。
 マイホームに対して重視したいことをランキングにして、新築一戸建て住宅か新築建売住宅のどちらを選ぶかをしっかり考えてみましょう。

 

まとめ

新築建売住宅を購入して後悔しないための対策は?
①購入する住宅を選ぶときに徹底的に比較し、客観的に物件を評価する事が大切です。
②欠陥住宅を買わないために2つの検査を行いましょう。
 ・契約前に住宅診断をしておく
 ・引渡し前に、不具合がないかをきちんと確認する
③激安物件には何らかのからくりがある場合がありますので注意しましょう。

新築建売住宅を購入した人は何に後悔しているのでしょうか?
①住宅購入後に、他の分譲物件の方が良く見えてしまう人
②間取りや仕様や設備などで妥協したところがやっぱり気になる方
③通勤時間が長い、実家から遠いなど距離の問題など
 新築建売住宅を購入する場合には、優先順位を明確にしておくと良いですね。

新築一戸建て住宅を購入すれば後悔せずにすむのでしょうか?
①新築建売住宅に比べてかなり高額
②間取りや仕様のレベルは住宅会社によって差が大きい
③良い土地の入手が困難

 新築建売住宅には「安さ」という大きなメリットがあります。このメリットを活かすためには、欠陥住宅を買わない事が大切です。
 また、中古物件の購入については、さらに慎重に選ぶことをおススメします。
要望に優先順位を付けたうえで、たくさんの物件を見て比較選択することが重要です。


「新築一戸建て住宅」か「新築建売住宅」か迷ったら?
 新築一戸建て住宅を建てるための土地や建売住宅を探すときには、不動産情報サイトやsuumo(スーモ)などの住宅情報誌を検索すると、多くの物件の情報を得ることができます。あなたのご希望にぴったりの建売住宅・新築住宅の情報や相場情報なども分かりやすく掲載されています。また、不動産会社や施工会社の口コミなどもチェックすることをオススメします。

 西本ハウスでも、自社分譲地や新築一戸建て住宅について、家づくりや費用についても無料でご相談いただけます。家づくりアドバイザーが、最初から住まいづくりをサポート致しますので、お気軽にご相談ください。