新築住宅を1000万円台で建てたい方へ!

新築一戸建て住宅を1000万円台で建てる方法とは?

 お家づくりを考え始めた方で、新築の家を「1000万円で建てることができるのか?」というご相談を多く受けます。家賃を支払い続けるのももったいないですよね。ただ、「1000万円」という予算の中で本当に新築の住宅を建てられるのか、またどんな間取りなのかも気になるところです。ここでご紹介する内容を参考にし、新築一戸建て住宅を1000万円台で建てましょう。
 

そもそも1000万円台で家は建てられるの?

 家を建てる時の参考価格に坪単価表示があります。

 広さを表す単位は、㎡(平米)が標準ですが、日本の建築業界では、坪単位(3.3㎡ = 畳2枚分相当)も平行して使用されています。 その住宅の坪単価は、ローコスト住宅の30万円台/坪から、ハイクラスの100万円〜/坪まで様々です。

 ハウスメーカーの参考坪単価には、付帯工事費が含まれていない本体工事費のみの価格となっていることが多くあります。 たとえば、1,000万円の家を購入する場合、この金額で建物が買えるわけではありません。実際は家の購入資金のほかに 諸費用もかかるのです。 つまり、住宅購入に必要なお金は家を建てるお金や土地を購入する費用に加えて、諸費用もかかります。 土地探しを検索する際に、駅や小学校からの徒歩圏内などに重きを置くと、土地購入費用がかさみ住宅購入に必要な費用はさらに減少してしまいます。 また、土地のありなしで住宅ローンの総額は大きく変わってきます。金利や借入期間等をもとに、年収から毎月の返済額・借入可能額等を自動で計算したり、無料でシミュレーションが可能です。

 それでは、予算1,000万円で建てられる住宅について検証してみましょう。 不動産屋さんで紹介している物件には、マンションや一戸建て住宅、平屋など様々な事例があります。 また、中古住宅を購入してリノベーションをすれば、新築の一軒家のようになると考える方も多いでしょう。

 ここでは、「夢のマイホーム」をご検討中の方に、予算1,000万円台で建てられる住宅についてご紹介します。
 

1,000万円台で新築住宅を建てる際の注意点

 低価格で家を建てるからこそ、ポイントを抑えなければ「安かろう悪かろう」になってしまいます。それでは、順番に注意点をご紹介します。

坪単価は施工会社によって変わる

 施工会社を選ぶ際、「坪単価」を気にする方が多くいらっしゃいます。坪単価で平均的な相場を判断できるからです。しかし、坪単価の算出方法には具体的に法律などのルールがないため、各ハウスメーカーによって全く計算方法が違います。ようするに、同じ坪単価30万円でも計算方法の違いから、正確に比較することはできないのが現状です。 坪単価はあくまでも目安になります。実際に見積もりを依頼し、価格を確認してから判断するようにしましょう。

工事の品質は施工会社によって違う

 1,000万円台の家を建てる際、工事の品質は施工会社によって変わります。たとえば、大手ハウスメーカーの場合、仲介手数料やCMなどの広告費がかかるため、その分費用が割高になります。一方、地域の工務店の場合それらの費用がかかりません。その分の費用を安くできます。ハウスメーカーや工務店ごとにこのような違いがあるため、それらの違いを踏まえた上で、施工会社を選びましょう。
 

値段を抑える秘訣

 1,000万円台の家を建てる際、値段を抑えるポイントがあります。無駄を無くして効率よく注文住宅を建てることができれば、1,000万円台の家でも仕様にこだわったり機能性を重視したりできます。

外観をシンプルにする

 外観をシンプルにすると費用を抑えられます。複雑な形状よりもシンプルな外観のほうが材料費や手間暇がかからないため、安くできるからです。「外観はあまりこだわらなくても良い」という方は、見栄えやデザインにお金をかけるのではなく、その分コストダウンするのもおすすめです。内装・外観をシンプルにすることで材料費や手間・デザイン料などが削減できます。

四角形の間取りにする

 作業の手間隙は建設費用に大きく影響します。作業が難しい住宅ほど、予算もふくらむ傾向があるのです。おすすめなのは、「四角形」をイメージした間取りです。なるべく正方形や長方形の間取りを希望すると、リビングも広くとれ費用も安くなります。

なるべく仕切りのない間取りを心がける

 家の中に壁をたくさん作って部屋同士を仕切ると、建設費用をふくらませる原因になります。もちろん、工期も延びるので費用はかさんでいく一方でしょう。家族など、気兼ねのいらない者同士で住む家庭なら部屋の数を少なくし、作業量を減らすのがおすすめです。壁が少なくなると、将来的にリフォームを行っても費用が安くつくメリットが生まれます。

メリハリをつける

 お金をかける部分とそうではない箇所のメリハリをつけると費用を抑えられます。たとえば、外観にはそこまでお金をかけずに、キッチンなどの毎日使う設備機器に費用を使うのもおすすめです。外観の見栄えやデザインは、直接生活に影響を与えません。予算を抑えつつ機能性を求めるのであれば、外観ではなく毎日使う部分を快適にするプランを考えましょう。

大手ハウスメーカーに頼まない

 注文住宅の建設費用を1,000万円程度にするのであれば、大手ハウスメーカーに依頼せずに地域の工務店に工事を依頼するのがおすすめです。なぜなら、大手ハウスメーカーは施工費用と関係のないお金がかかるからです。 地域でローコスト住宅を得意としている工務店もあるため、そのような施工会社で家を建てることを検討してはいかがでしょうか。

キャンペーンなどを利用する

 住宅会社で開催するキャンペーンなどを利用することで、経費を抑え、格安に一戸建て住宅を建てる事ができます。常にアンテナを張り巡らせて、情報収集を行ってください。
 

 1,000万円という限られた予算の中で満足のいく家を建てるためには削れる費用は削りましょう。しかし、自分がこだわりたいポイントはこだわるべきです。
 

西本ハウスの規格住宅

  西本ハウスでは、1,000万円台でお建ていただける「規格住宅」を多数取り揃えております。

・N.STYLE(セミオーダー住宅)・・・「デザイン×時間×価格」ちょっとお得なデザイン住宅
・ZERO-CUBE・・・グッドデザイン賞を獲得したシンプルデザイナーズ住宅
・DIAGONAL CUBE・・・家賃より安く住める“太陽光×5つ星の高性能”住宅
・FREAK’S HOUSE・・・家族や仲間、自然とのつながりを楽しむ家
・ZERO-CUBE STEPFLOOR・・・リビングの中心にスキップフロアがある住宅
・ZERO-CUBE MINI・・・ムダを削ぎ落とした狭小住宅
・ZERO-CUBE 回KAI・・・暮らしの真ん中に「庭」のある家
・ZERO-CUBE MALIBU・・・豊かな時間を、シンプルに愉しむための家
・Blanc Ange・・・憧れのプロヴァンススタイル住宅
・NORDIC HOUSE・・・北欧住宅ならではの洗練された佇まい
・HYVA AND STYLE・・・北欧テイスト5LDK、ゆとりの住まい

ご興味のある方は、まずは資料請求から!!お待ちしております。

また家づくりのプロが、お客様の資金計画もシュミレーション致します。 お気軽に、ご相談下さい。
 

まとめ

 家を建てる予算を1,000万円とした場合、注文住宅では「価格」が存在しないため、手抜き工事を行えば費用を簡単に安くできます。安くても低品質な家では、納得できませんよね。

 そのようなリスクを防ぐためには、住宅メーカー選びやプランをよく考えて理想の1,000万円台の家を建てるようにしてください。

 以上が、ローコストで納得のいく家を建てるコツです。 そして、家を建てる予算を1,000万円台とした上で、出来れば譲れない部分のオプション費用は別途用意しておくことをおすすめします。 新築住宅で幸せな暮らしを送るために、あらゆる準備を怠らず建築計画を進めましょう。