Column 家づくりコラム

2022.05.26

手頃な土地を手に入れる マル秘テクニック!?

土地について

◎土地情報を賢く手に入れるコツとは?

<質問>
建物と土地は、 どちらを優先するべきだと思いますか?

<解答>
まずは建物を優先するようにしましょう!

 

別の回で、A さんの失敗事例をご紹介させていただきました。
総費用 3,200 万円だったはずが、ふたを開けてみると総費用が 3,700 万円になってしまい、費用を削減するために外構費用を削り外構なしのさびしい家で我慢することになったというお話です。

ここでの教訓は、余裕をもった全体予算を明確にしましょうという点 です。

では次に、自身の総予算を決めたあとどうすれば良いかというと、

つまり、そこから建物代を引いたものを土地代と考えましょう!

もし建物と土地をばらばらに考えてしまうと、際限が無くなり結局予算オーバーになってしまうことが非常に多くあります。

また、土地から考えてしまった場合自分の要望を叶えようと予算を必要以上に圧迫してしまい、場所こそ良いものの実際に住む建物を考える際に様々な金銭的制約が出てきてしまいます。

まずは建物の価格を把握すること。
その残高を土地にあてるというステップを踏むようにしましょう。

ではその上で、その予算内の土地を見つける上のポイントをご紹介します。
まず土地に対する要望は、以下の2種類に分けることが大切です。

1 MUST な条件:これだけは絶対に譲れないもの
2 WANT
な条件:絶対ではないけど、あってほしいもの

既にご存じの通り、自身の要望を全て満たす土地を見つけることは、ほぼ 100%不可能です。

利便性や広さの考え方、方位などに関して様々な視点があることはご紹介させていただいたかと思いますが、その中で自身の理想とする暮らしに近づくために、自身の要望に優先順位をしっかり付けるようにしましょう!

MUST が2つ叶えば、もうそれはラッキーと捉えるぐらいの気持ちでいきましょうね。

特に土地探しはあれこれ言い出したらキリがないので、自身の中で 「この金額内で、この2つの条件が叶ったらOK」と固めておくことで、効率的に土地探しを進めることが出来ます。

 

まとめ

土地代を考える際は、 総予算から家づくりの予算を引いた値段で考えましょう。