ページトップへ

ブログ

梅雨の晴れ間、全国的に蒸し暑い日となりましたが、今日は寝不足の方も多いのでは・・・。

未明から始まったワールドカップ「セネガルX日本」戦は、深夜にも関わらず視聴率がなんと平均30%。

きっと初戦を勝利したこともあり、国民の関心が高かったのでしょうね。

私も例に漏れず、試合終了まで観戦しましたが、点を取られては追いつくといった展開に、最後まで目の離せない試合でした。

結果は引き分けに終わりましたが、多くの人の予想に反して、日本の選手は本当に良く戦ったと心からの敬意を表したい。

日本チームの今までの戦いを見ていると、先に点をとられることで焦りが生じ、ずるずると相手に得点を重ねられるといった悪循環を繰り返していましたが、今回のワールドカップでは、メンタル面も強くなり経験者も多いせいか簡単には崩れない「負けないチーム」として生まれ変わったような気がします。

昨日のセネガル戦は、侍ジャパンの真髄を見たようで、最後まで手に汗を握る展開でした。

ブラジルW杯での惨敗から4年、個々が成長しその中でチームワークに徹する試合運びに魅了され、強くなった日本に感動を覚える方も多かったのではないでしょうか。

そしてもう一つ、世界から称賛されている日本人サポーターの試合後のゴミ拾いについて。

時々客席で映る大きな青いゴミ袋は、ほとんどが手作りなのだそうです。

この行動が、他の国のサポーターにも広がりを見せているという。

日本には、「来た時よりも美しく」という美学がありますが、日本の文化が国境を越えて広がっていることもとても誇らしく思います。

そしていよいよ決勝トーナメントへの運命の一戦は、ポーランドと日本時間6月28日23時キックオフです。

ぜひテレビの前から熱い声援を送りましょう!!