ページトップへ

ブログ

日本気象協会が、桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表しました。

今年の開花は平年より遅く、広島では3月31日と予想されています。

ところで皆さん、東京と鹿児島、どちらが早く桜が咲くと思いますか?

今年も全国に先駆けて21日に東京の桜の開花宣言があったように、東京の方が圧倒的に勝ち越しているんです。

気温は鹿児島の方が暖かいのに・・・なぜでしょうか?

実は、桜は真冬の気温が低いほど花芽が休眠状態から抜け出やすくなり、春先の温度が高いほど花芽の成長が早くなります。

例年、鹿児島ではこの寒さが足りないので、桜がうまく休眠打破できず、春に暖かくなってても、なかなか桜の花がほころび始めないのです。

今年は広島と同じ3月31日と予想されている鹿児島ですが、早く暖かくなって欲しいですね。

一気に咲いて一気に散り行く様は、その潔さや儚さが日本人の美学に合い、桜をより美しく感じさせます。

美しい桜の下で、美味しいお酒をいただきながら、盛り上がる“お花見”、今年も楽しみですね。