ページトップへ

住宅業界4つの秘密

 

住宅業界には、間違った常識がたくさんあります。自分達にとって都合の悪いことは、何も言わずに秘密にしています。私自身の反省の意味もふまえて4つの秘密を公開します。

 

1.最初に聞いた金額と完成後の金額が違う

家づくりで何も知らない人がこんな皮算用をします。
「坪単価30万円か・・・すると40坪で1,200万円。これなら俺にも買えるぞ!」
しかし多くの場合、家が完成すると価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。
商談時には坪30万円。でも、あれを付けると○○万円アップ、これを直すとさらにアップといった感じで、家が完成する頃には目が飛び出るほど高い金額の家を建ててしまっているのです。
「どういうことだ?詐欺と変わらないじゃないか・・・」怒ってもだめです。それが住宅業界の常識なのです。

 

2.価格の出し方は自由

住宅価格の表示方法には、決まりがありません。価格の提示方法が各社で自由なのです。
坪単価で表示するところもあれば、丸ごとフル装備の価格を表示するところもあります。
また、引渡し価格の場合もありますし、「設計してみないと金額は出せません」などと言い出す会社まである始末です。
「坪単価21万円」という広告に惹かれて喜んで話を聞きに行くと、「60坪以上でなければその単価にはなりません」「基礎工事が別です」などと言われてがっかりすることがあります。
おまけに、
「これはモデルハウス仕様ですから、実際はこちらのカタログから選んでいただきます。」
「経費がそのほかに10%かかります・・・」
ローコストを売り物にする住宅会社にも良い会社、悪い会社はあります。
その善し悪しを見分けるために、以下の点は必ず押さえておいてください。
良い会社は、契約前に引渡し価格の話をします。
そこで、家本体以外にかかる費用を文章で説明してくれます。
悪い会社は、契約前にチラシにある本体価格のみで話を進め、契約後にその他にかかる費用を提示するのです。

 

3.欠陥住宅は欠陥設計士が作る

業界にいると分かるのですが、テレビに出てくるようなヒドイ欠陥を抱えた住宅というのは、ほとんど存在しません。
しかし、インターネットで検索してみるとよくわかるのですが、それでも欠陥住宅という言葉が次から次へと湧き出てくるのは、仕事のないごく一部の設計士が、欠陥住宅の無料相談窓口を開設してそこから商売につなげたいからに他なりません。
今流行のNPO法人を設立して、さも困った消費者を助けたいという顔をしているから困りものです。

 

4.建築中の家を公開しない

多くの住宅会社は、なぜか建築途中の家を見せません。「素人が見ても仕方がない。」「面倒くさい、どうせ見てもわからない」と思っているのでしょうか?いいえ、そうではありません。見せられないのです。(見せられない理由は、その会社に聞いてください。)だからではないでしょうが、建築中の家は公開しないのが業界の常識になっているのです。
自分の家なのに自由に入れない、見る時には必ず営業マンがついてくる。一般公開の現場見学会も行わない。写真を撮ってはいけない・・・困ったものです。


 

以上の4点が、私たちの業界では当たり前のように行われていることです。 しかし、お客さんの立場になってみると「え、どうして?」と思うことが少なくありません。 当たり前のことですが、誰も自分に都合の悪いことは言いません。都合が悪いことは、秘密にしておいた方が後々楽だからです。 「これが業界では当然なんですよ」と言われれば、納得いかなくても「そうですか」と返事するしかないわけです。