Report 建築中の現場

FY様邸

安佐南区大町西

Property Data
主要用途
一戸建て住宅
構造規模
木造2階建て
敷地面積
146.90m²
建築面積
59.62m²
床面積
1F 57.96m²
2F 57.96m²
家族構成
6名(ご夫婦 お子様4人)
スケジュール
2023/12/16 着工
2024/01/19 上棟

外壁ジョリパット下地塗り[2024年02月20日]

下地処理とは塗装前に外壁の表面の凹凸をなくし、滑らかにする作業のことをいいます。表面に模様や立体感をつけることで意匠性の高い外壁塗装を実現します。

断熱材施工状況[2024年02月15日]

お家全体を包み込むように断熱材を貼りました。断熱材は、綿のような構造になっていますので、たくさんの空気の層を作り、熱を通しにくくしてくれます。冬は寒さを、夏は暑さを伝えにくく、また、エアコンの空気を外に逃がさないような構造になっています^^

ユニットバス設置状況[2024年02月08日]

浴室内は、グレージュのバスタブに優しい色合いのパネルで落ち着きのある空間になっています。F様ご家族のお気に入りの空間になれば幸いです。

透湿防水シート貼状況[2024年02月01日]

外壁からの雨水の浸入を防止する目的として、透湿防水シートが施工されました!このシートは、水は通しませんが、湿気は通す性質を持っているので、 壁内の湿気を積極的に屋外に排出し、壁内の結露を防ぐ効果があります。H様が快適にお過ごしいただけますように施工をしておりますので、お引渡し後に体感していただければと思っています^^

断熱材施工状況[2024年01月29日]

お家全体を包み込むように断熱材を貼りました。断熱材は、綿のような構造になっていますので、たくさんの空気の層を作り、熱を通しにくくしてくれます。冬は寒さを、夏は暑さを伝えにくく、また、エアコンの空気を外に逃がさないような構造になっています^^

屋根工事状況[2024年01月25日]

屋根の材料であるガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板です。家の自重軽減に大きく貢献し、地震に対する家の耐震性にも優れています!

サッシ取付状況[2024年01月25日]

サッシ(窓)の取付けが完了しました!外部に面する工事ですので、早くから施工します。これから少しずつですがお家の表情が変化していきます^^

上棟[2024年01月19日]

F様、本日は上棟おめでとうございます。お打合わせした間取りが、大工さんたちの手によって形になっていくのは、とても感動的です。 素敵なお家が完成しますよう、今後も安全に工事を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします^^

  • 1階柱建て
  • 1階梁・桁組
  • 2階床貼り
  • 2階柱建て
  • 2階梁・桁組
  • 母屋組
  • 小屋組
  • 屋根 垂木
  • 屋根 野地板
  • 足場から見える風景

土台敷状況[2024年01月16日]

基礎工事の次は土台敷きという工程に入り、いよいよ大工さんの出番となります!基礎の上に基礎パッキンを設置して土台を組み、床断熱材、床パネルを敷いております。

  • 土台敷状況
  • 床断熱敷状況
  • 床パネル敷状況

基礎完成[2024年01月11日]

今後、基礎工事業者さんから大工さんへバトンタッチし、「上棟」と呼ばれる新築工事のメインイベントがまもなくやってきます。大工さん数人でお家の骨組みを一日で組み立てますので、その迫力は一生の思い出となるのではないでしょうか。S様、お楽しみにお待ちください^^

基礎配筋状況[2023年12月25日]

基礎配筋とは建物の基礎を作る工程で、設計図に従ってコンクリートの中に鉄筋を配置して、基礎の骨組みを作ります。 基礎工事の中でも重要な部分ですので、きちんと検査しております。どうぞご安心下さい^^

基礎着工[2023年12月16日]

本日、F様邸着工いたしました!これから完成までの様子を更新してまいりますので、どうぞ最後までお楽しみください^^