スタッフブログ

インフルエンザ対策!!

森本 可祝 自己紹介へ
2018/11/12(月) 総務部森本 可祝

朝晩の冷え込みで、体調を崩される方も多い中、全国各地でインフルエンザのニュースを耳にするようになってきました。

毎年、猛威を振るうインフルエンザですが、10月よりすでに予防接種が始まっています。

インフルが大流行した昨シーズン終盤に、彗星のごとく現れた革新的なインフル新薬「ゾフルーザ」は、1回投与の錠剤タイプなので、飲み忘れもなく、ウイルスの増殖そのものを抑える働きがあるため、投与翌日には体内から検出できないレベルまでウイルスを減らすことができるそうです。

ですから、家族内や学校、職場でのウイルスの広がりを抑え、二次感染の抑制が期待できますね。

今までは、10歳未満の患者には「タミフル」、10代以上では吸入で治療が完結する「リレンザ」などがよく使用されていたようですが、今年は「ゾフルーザ」が主流になりそうです。

病院では、患者がお医者様に対して薬の指名もできるそうですから、ますます需要が高まりそうですね。

また、今年は「タミフル」の後発品が登場し、価格が半額になるのも注目です。

発症直後ではインフルエンザの診断が難しいことを考慮すれば、やはり、インフルエンザ対策はワクチンで予防して、発症早期(48時間以内)に、抗インフルエンザ薬を使えば、罹病期間も短縮し、重症化を防ぐことができますので、ぜひ早めのワクチン接種をおススメします!

記事一覧

1ページ (全249ページ中)

ページトップへ